楽しい人生を手に入れよう|AGAが救世主

このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の髪の悩み

鏡を見る婦人

薄毛といえば男性の悩みと考えられがちですが、実は女性にも多い悩みです。特に40代のいわゆる更年期と呼ばれる時期になると、多くの女性が以前に比べて髪のボリュームが少なくなっていることに気づくと言われています。実際のところ、この頃からシャンプーをした時やスタイリング中に抜け毛が目立つようになります。この理由は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌の減少による影響です。エストロゲンは女性らしさの源と呼ばれ、女性らしい肌や髪、体型のもととなるものですが、閉経が近づくにつれ減少していくため、更年期になるとこれまでの状態を維持することができなくなってしまい、結果豊かだった髪が抜け薄毛となるのです。ちなみに、女性の薄毛は男性のいわゆるハゲといわれる薄毛とは違い、髪全体が薄くなるという特徴を持ちます。そのため、かなり状態が進行してから気づくことが多いとされているのです。そこで最近抜け毛が増えたと感じたら、薄毛が顕著になりやすい頭頂部をこまめに観察し、その状態を把握することが深刻化をくい止める1つのカギになると言われています。

エストロゲンの分泌の減少は必然ですが、しかし対策を取ることで薄毛の深刻化をくい止めることは可能です。まずは生活習慣を見直すことが推奨されます。髪に必須とされるタンパク質をきちんと取りバランスの良い食事を心がける、成長ホルモンの分泌が促進される夜22時から深夜2時の間はしっかり眠ること等は、髪だけでなく健康のためにも実行することが求められます。こうした生活習慣の改善の他に、見直したいとされるのが毎日使用するシャンプー等のヘアケアです。刺激の強いタイプは頭皮のトラブルを招きやすく、それが薄毛の原因にもなりかねないことからできるだけ低刺激タイプを使用することがおすすめです。中でも人気なのが、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは低刺激なだけでなく、体に対する安全性が高いとされることから薄毛に悩む女性には特に合うと言われています。